小春日和

手作り大好き人間。日々の試行錯誤とチャレンジの記録。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< クリスマスカードラッシュ! | main | インテリジェントキーケース >>

縫わないポーチ、作ってみました

0

     

     

    縫わなくてもポーチができます!っていうキットを発見。面白そうなので作ってみました。

     

     

     

     

    長財布っぽいサイズに仕上がるらしい。蛇腹のポケットが3つある状態。とりあえず、「縫わない」ところが気になりました。でもがま口的な金具の付くものとは相性が良くないので不安‥‥。

     

    表生地は入ってないので、上下のない生地を選んで表布にすることに。リネン混のしっかりした生地です。まず説明書通りに型紙で接着芯を切り、布に貼り付け。

     

    あ、間違えた!布に接着芯を貼るときに、いつもギリギリで布を使ってた癖で端っこに貼ってしまった!余白に1cmと書いてあったのに‥‥(泣)余白、2ミリくらいしかない。

     

    とりあえず、先に進むことに。接着芯を貼ってから布を切って、接着芯を巻き込むようにボンドで布を接着。布用ボンドを使用するようにと書いてあったけど、なかったので木工用の多目的ボンドで代用。

     

    私にとって基本的に布は縫うものなので、布用ボンドは買ってなかったの。ボンドってとれちゃいそうであんまり信用してないんだよね(笑)でも、本格的なバッグを教えてもらったとき、ほとんどが接着剤だった。驚き!

     

    靴でもなんでもそうだけど、昔はボンドなんてなかったから全部縫ってたわけで‥‥だから長持ちして修理もきいたんだろうなぁ。手間がかかって効率的ではないけど、それはそれで残しておいて欲しい技術だわ。

     

    ちなみに、巻き込むための余白、切り取っちゃったところはなんとか1〜2ミリを巻き込んで表からはわからない状態にしました。貼るとこんな感じ。

     

     

     

     

    次に金具を取り付ける前に金具の穴の部分を先に切り取ります。説明書に書かれてる寸法を守って厳密に。

     

    そして表面と裏面を貼り合わせます。できた部品は2つ。蛇腹のポケットになるところと外側。ここまでは見た目きれい。

     

    そしていよいよ組み立てです。‥‥が、しばし説明書を前に悩む。イマイチよくわからないんだけど、これでいいのか。表布につけた印とポケットの角を合わせるらしいんだけど、どこが平行になってる状態が正しいのか、幅が合わないのはそのままでいいのか、なんも書いとらん。

     

    さっぱりわからん。

     

    キットでいつもイラッとするのがこれなのよ。あれ?こんなんでいいの?これで正解なの?って不安になることが多すぎる。結局正しいことがほとんどなんだけど、油断すると間違いだったりもするからね。

     

    キットを買ったものの途中で投げ出す人が一定割合いるのってこういう説明書のわかりにくさが原因だったりもするんだろうな。

     

    だから、自分でキットを作るときは言葉の使い方にすごく気を遣います。「あれ?これでいいの?」って不安になりそうなところには「こういう状態になりますが、これで正しいです」って一言添えるようにしてるし。

     

    お願いだから説明書はできるだけ不安要素を減らして欲しい‥‥。

     

    とりあえず、わからなかったので、ボンドはつけずになんとなく手で組み立ててみました。これでいけそうかな、と思った時点で次の作業へ。表布を折ったところにポケット用を挟み込んで金具ではさんで留める。

     

    ‥‥と思ったら、布地が厚手なので挟み込みが上手くできない。多分金具がV字になってるのが原因なんだけど、挟もうとすると思わぬ抵抗にあって戻ってきちゃう。これがU字になっていればすんなり入るところがV字が故に滑っちゃうんだな。仕方がないのでここは根気よく何度かやり直しました。

     

    さて、蛇腹のポケットもできて、いよいよ最後の金具付け。これが鬼門。横幅が合わないのはだいぶ前の段階で気づいてたんだけど、どうやら端を2〜3ミリ折り込んで入れるのでいいらしい。‥‥これも書いてないけど。

     

    で、金具に入れてみる‥‥‥?

     

    だ・か・ら・っ!!!

     

    赤字でわざわざ書いたじゃん!説明書に書かれている寸法を守って厳密にって。なのにこれだよ。

     

    口金金具の穴部分に金具を通さなくてはいけないので、そこの部分の布を先に切っておいたわけだけど、書いてある寸法通りに切ったら切ってあるところが口金からはみ出して見えちゃってるじゃん!

     

    あり得ん。

     

    これだからイヤなのよ、キットは。書かれている通りに作るとちゃんとできなかったりするってどういうこと?

     

    このままではどうしようもないので、仕方なく端を少し切ることに。そのせいで金具が当たってちょっと使いにくくなっちゃうんだけど、このままって訳にはいかないから背に腹はかえられない。

     

    どうにか金具をつけてネジを‥‥あぁぁ!今度はネジが1つちゃんと入らない。多分ネジ穴の溝を切るのに失敗してるっぽい。不完全で気にくわないが入らないので1つは諦めることに。

     

    一応形にはなった。

     

     

     

     

    見た目は悪くない。さして難しくはないし、きっと使いやすい。

     

    問題はキット。キットっていうのはそれを買って材料等を揃えればちゃんとできるっていうのが基本のはず。書かれているとおりに作ったら失敗する可能性があるキット、誰が買います?

     

    なので今回作った型紙と作り方に若干の修正を加えておきました。次回失敗しないように。金具分の切り込みを入れるのは表布と裏布を合わせて金具に差し込んでみてからにしましょう!多分布の厚さによって違ってくると思うから。

     

    ということで、久々にキットに振り回されたお話でした。

    クラフト・手芸、とにかく手作り! | permalink | comments(0) | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする









    MOBILE
    qrcode
    PROFILE