小春日和

手作り大好き人間。日々の試行錯誤とチャレンジの記録。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ディスプレイボックス | main | 端布のクリスマスツリー >>

リバーシブルリース

0

     

     

    クリスマスリースの木素材をどう使うかってことで。使ったのはこちら。

     

     

     

     

    白木のリース台、クリスマスツリー付き。SUN-Kさんのものです。お値段が割とリーズナブルなのでいいかな〜と。

     

    さらに、クリスマスだけのリースだとシーズンものになっちゃうから、裏表使ってリバーシブルにして季節問わず使えるといいな〜と。

     

    絵を描くのは無理なので(笑)デコパージュをする予定にして、まずはツリーを先にペイント。ペーパーナプキンが届いてなかったからなんだけど、これが後に失敗の原因に‥‥。

     

    とにかく、ツリーを先日のツリーのオブジェと同じ色でを塗り、同じようにジャムイストとSnow Texで飾りました。

     

    そして、ナプキンが届いたので本体へ。チョイスしたナプキンをペーパーナプキン用のデコパージュ液で貼り付けました。

     

    これが難しい!いつもどうしてもシワが出ちゃう。今のところ木の板にしか貼り付けたことがないんだけど、作家さんの作品とかシワ一つないのが謎!

     

    なんでなのかな〜。腕の問題ならどうしようもないけど、やり方の問題ならどうにかしようがあるかも。暇なときに調べてみよう〜っと。

     

    とりあえず貼り付けて、周りの余分な紙を落として。クリスマス柄の方ができたので裏側へ。今回はバラのクラシックな柄をチョイス。私の好みではないけど(笑)一般に好きな人は多そうなので。

     

    せっかくなので、クリスマス柄とは違う貼り方を試してみました。さっきよりはずいぶんシワが少ない!‥‥と一瞬期待したけど、乾いてから仕上げ用にデコパージュ液を塗ったらやっぱりシワが。

     

    なぜ〜〜〜?

     

    やっぱりちゃんと調べよう!

     

    ちなみにバラの方は一枚まんま貼ったら柄の空白部分ができたので、空白を埋めるべくつぎはぎしました。でも柄がごちゃごちゃしてるからあんまりわからなくなった。ラッキー!

     

    そして、「できたー!」と思って例のクリスマスツリーを組み合わせてみたらば、なんと!

     

    恐ろしいことにテイストが合わないではないか!なんてこった。

     

    まぁ、そういうもんだと思えば見られなくもないんだけど、なんかしっくりこない。やっぱりペーパーを手に入れてから塗ればよかった。しばらく悶々とした結果、裏を使って別バージョンを作ることに。

     

    表は表で可愛くないわけではないので、そっちが好きな人はそっちでかけてもらうことにして。

     

    とりあえず色は同じく塗って、そこから今度はヤスリがけしてだいぶ色を落としました。その上からさらにウオッシュでホワイトを薄〜くかけて。さらにヤスリがけしてからアンティークメディウムをほんのうっすら。

     

    そこにクリスマスのスタンプをゴールドで押して、エンボスパウダーをかけてエンボッシング。‥‥って、やたら手をかけまくってシックなバージョンができあがり。

     

     

     

     

    うん、今度は浮かないかな。渋可愛く仕上がりました。

     

     

     

     

    裏はこんな様子。まぁ、バラ、だよね。とにかく、クリスマスだけじゃなく、一年を通して使えるものになったらいいなってことで。

    クラフト・手芸、とにかく手作り! | permalink | comments(0) | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする









    SELECTED ENTRIES
    MOBILE
    qrcode
    PROFILE